うつ病

うつ病に関する認識が広がったことや社会環境の変化、経済的な状況などで、近年うつ病が増えていると言われています。 うつ病の症状にはいろいろなものがあります。 気分が沈む、以前に楽...

詳しくはこちら

適応障害

ストレスは身近にあるものです。 家庭環境や職場の環境、人間関係などによって悩んだりストレスに感じてしまうことは少なくありません。 そういった精神的な負担により、吐き気や動悸、冷...

詳しくはこちら

社交不安障害

社会不安障害や社会恐怖とも呼ばれます。 例えば、人前に立ってスピーチをする場面などで緊張してうまく話せなかったり、体がふるえて大量の汗が出てしまったとします。 そのようなつらく...

詳しくはこちら

パニック障害

パニック障害は何でもないときに突然胸が苦しくなり、めまいや動悸、息苦しさ、ふるえなどが出現します。 死んでしまうと思ってしまうほどのつらさがあり、そのような経験をするとまた発作が...

詳しくはこちら

強迫性障害

強迫性障害では、意味のないことだと分かっていてもその考えが頭から離れない。分かっているけど何度も確認をしてしまいます。 外に出た時やトイレに行ったあとに、手に汚れが付いたのではな...

詳しくはこちら

睡眠障害

「眠れない」ということは、多くの方が経験したことがあると思います。 生活習慣や身のまわりの環境、悩みや病気からくるものなど、原因はさまざまです。 不眠には寝つきが悪い、夜中...

詳しくはこちら

統合失調症

統合失調症は100人に1人がかかる病気と言われています。 脳のいろいろな機能をまとめることが難しくなる病気で、幻覚や妄想といった陽性症状、感情が乏しくなってしまう陰性症状、生活す...

詳しくはこちら

身体表現性障害

身体症状症と呼ばれたり、この中には心気症や心身症も含まれます。 胃がきりきりと痛む、おなかが痛い、吐き気といった消化器症状、体のいろいろな部分の痛みやしびれ、めまいや動悸があるに...

詳しくはこちら

躁うつ病

双極性障害、双極性感情障害ともいいます。 うつの症状だけであればうつ病かもしれませんが、それとは逆の躁状態にもなり、繰り返す場合が躁うつ病です。 躁の状態では気分が爽快になった...

詳しくはこちら